disco graphy

ディスコグラフィー

→ 貴重な『カセットテープ』の写真を追加しました


LPコレクション

long-playing record 

※ライナーノートは徐々に文字起こししてご紹介する予定です。

※画像をクリックすると拡大して表示することができます。


1968年 

渡辺範彦ギター・リサイタル・ライブ』(収録は1967年) 日本コロムビア 

レコーディング・メモ(太田鉄也ライナーノートより抜粋)

渡辺範彦の最初のリサイタルが開かれたのは、1967年6月29日で、これはジョイントではあったが、彼の演奏は東京文化会館小ホールを埋めた満員の聴衆に、大きなセンセーションを巻き起こしたのである。日本人のギター演奏会としては、画期的とも云える出来事だった。レコーディングは、その翌日に、テイチク会館に於いて一気にとり行われた。リサイタルの時の全曲目に加えて、スカルラッティのソナタホ短調と、アストリアスの2曲が追加され、レコーディングの常識を破って何のテープ加工をも施さずに録り終えたものである。にもかかわらず彼の完璧のテクニックによって、殆ど無傷に仕上がっているのは驚くべきである。ただスカルラッティのテンポの設定に大分苦慮した模様だったが、それは本人の問題で、録音する側ではテープを回しっぱなしにしておくだけでよかった。ともかく渡辺範彦の19歳の記念のLP第1号は、こうして出来上がったのであった。


1970年 2月25日発売

『渡辺範彦-珠玉のギター小品集』 日本コロムビア  JX-15


1970年 4月10日発売

『新演奏家シリーズ<2>渡辺範彦ギター・リサイタル』 日本コロムビア  OS-10072-J


1977年 

渡辺範彦ギターリサイタル』 RVCビクター 


1979年

『ソル 24の練習曲』 RVCビクター


1979年 

『モーツァルトの魔笛の主題による変奏曲』 RVCビクター 


(番外)

リコーダー名曲アルバム(3)


(番外)

NORIHIKO WATANABE / GUITER POP CONCERT


(番外)

琴とギターのための二つのファンタジア


(番外)

カセットテープ>

ソル:24の練習曲 渡辺範彦編


CDコレクション

compact disc


2006年 

『幻のライブ』(収録は1971年) 現代ギター社 

【曲目】
1. フレスコバルディ: アリアと変奏
2. ヴァイス: ファンタジー
3. ポンセ: プレリュード・ホ長調、ジーグ(イ短調組曲より)
4. J.S. バッハ: プレリュード ニ短調 BWV999、プレリュード(BWV998より)、プレリュード(BWV1006aより)
5. ソル: 魔笛の主題による変奏曲
6. ヴィラ= ロボス: エチュード 第1番、5つのプレリュード
7. ポンセ: カンシオン
8. M=トローバ: ソナチネ 第1楽章
【演奏】
渡辺範彦
【録音】
1971年6月25日 武蔵野公会堂 (ライヴ)


2007年

『デビュー!』(上記の『渡辺範彦-珠玉のギター小品集』と同内容) 現代ギター社

(『渡辺範彦-珠玉のギター小品集』と同内容) 

【曲目】
1. フレスコバルディ: アリアと変奏
2. ヘンデル: ソナタ ニ短調
3. スカルラッティ: ソナタ ホ短調 L352
4. ソル: 練習曲 Op.6-6/練習曲 Op.29-11
5. アルベニス: アストゥリアス
6. ヴィラ=ロボス: 練習曲 第1番/前奏曲 第1番
7. M=トローバ: ソナチネ
8. ラウロ: ベネズエラ風ワルツ 第3番
9. C=テデスコ: タランテラ
【演奏】
渡辺範彦(Gt)
【録音】
1967年6月30日 テイチク会館


1998年 

『渡辺範彦の芸術』 山野楽器 


(番外)

NHK名曲アルバム(アラビア風奇想曲)


”渡辺範彦メモリアル”コレクション

”渡辺範彦メモリアル”制作 永久保存版CD&DVD、CD


2010年4月23日発売 

渡辺範彦=ギター パリ・ライヴ録音集~コンクール&リサイタル1969, 70 & 76 』 渡辺範彦メモリアル 

ダウランド:幻想曲P.1*、パイパー船長のガリアードP.19、メランコリー・ガリアードP.25、ハンソン夫人のパフ P.54
ポンセ:ソナタ第3番より* 第2楽章ニ短調 アンダンテ「シャンソン」、第3楽章ニ長調アレグロ・ノン・トロッポ
タンスマン(1897~1986):マズルカ*、組曲「カヴァティーナ」
J.S.バッハ:組曲第4番ホ長調BWV.1006aより 第1曲 前奏曲**

WNNH-1001(2010年4月23日発売)
録音:1969年10月18日第11回パリ国際ギター・コンクール本選*メシアン・ホール(モノーラル) フランス国営放送
1976年10月21日、第18回パリ国際ギター・コンクール客演 メシアン・ホール(ステレオ)ラジオ・フランス
1970年12月5日、ギター国際フェスティヴァル・ライヴ** アミアン文化会館(モノーラル)フランス国営放送
¥2,500(税抜)


2012年3月2日発売 

渡辺範彦 ギター・リサイタル・ライヴ 1976&1987 [CD&DVD]』 渡辺範彦メモリアル 

【CD】
ヴァイス:幻想曲/J.S.バッハ:「リュート組曲第4番ホ長調」BWV.1006aよりロンド形式のガヴォット、「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番ロ短調BWV.1002」より「テンポ・ディ・ブーレ」/ヘンデル:「チェンバロ組曲第2巻~第4番ニ短調HWV.437」より「サラバンド」、「エールズフォードのチェンバロ曲小品集成」より「メヌエット I & メヌエット II」/タンスマン:組曲「カヴァティーナ」よりプレリュード、サラバンド、スケルツィーノ、舟歌、スペイン民謡:「愛のロマンス」/アントニオ・ラウロ:「ベネズエラ風ワルツ第3番」/ヴィラ=ロボス:「12の練習曲」より第1番ホ短調~アルペジオのための、「5つの前奏曲」(第1番ホ短調「抒情のメロディー」第2番ホ長調「カバドシオの歌」第3番イ短調「バッハヘの賛歌」第4番ホ短調「インディオへの賛歌」第5番ニ長調「社交界への賛歌」)/モレノ・トローバ:「マドローニョス」
【DVD】
ヴァイス:幻想曲/J.S.バッハ:リュート「組曲第4番ホ長調」BWV.1006a/フェルナンド・ソル:モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲Op.9/ヴィラ=ロボス:「前奏曲集」(全5曲)、「ブラジル民謡組曲」より第1曲「マズルカ=ショーロ」/グラナドス:「スペイン舞曲集」Op.37より第5番ホ短調「アンダルーサ」/アルベニス:組曲「スペインの歌」Op.232より第1曲 前奏曲「アストゥーリアス」/アンコール~スペイン民謡:「愛のロマンス」

WNNH-1002/3(2012年3月2日発売)
録音:1976年8月12日 国分寺市 福祉センター(CD)、1987年12月8日 国立楽器 音楽の森ホール(DVD)
¥4,000(税抜)

 ジャケット現物撮影:Emiri Watanabe